トップページ » 横浜の彼女が好むラブホテル女性に優しいビジネスホテル

横浜のラブホテル&ビジネスホテル

横浜と言えば総人口370万と市では日本一多くの人が生活するエリアになります。近辺は交通機関が充実しており車をお持ちでなくても快適に移動が可能で、横浜の至る所にホテルやラブホテルなどの宿泊施設が隣接しています。横浜と聞くとベットタウンのイメージをお持ちの方も多いと思いますが大型のショッピングモールや飲食店と生活に必要な環境から、様々な観光スポットやビジネスホテルやラブホテルなどの宿泊施設と地元の方だけでなく県外から旅行や仕事で訪れてた方にも快適な生活環境が揃っています。グルメでは横浜中華街で肉まんや々な中華料理のを堪能でき、観光地として周辺には「みなとみらい」「コスモワールド」「横浜赤レンガ倉庫」などがあります。付近にはビジネスホテルやラブホテルも沢山あるので、散歩感覚で気軽に観光地訪れることが出来ます。中でもみなとみらいは海外でも注目を浴びていて、「横浜に来るならここは外せない」と言っても過言でないぐらい有名な場所になります。徒歩数分の距離にビジネスホテルだけでなくラブホテルもあるのでカップルでお越しの方にもおすすめです。付近には横浜スタジアムや国際総合競技場もあり、野球やサッカーなどの試合の時期になると周辺のビジネスホテルやラブホテルが満室で予約が取れなくなってしまう程多くの人が集まるのでご注意ください。また、ビジネスホテルでは野球や人気スポットのチケットとビジネスホテルの宿泊がセットになったプランや行きたい場所に合わせてオーダーメイドでプランを作ってくれるサービスが増えていますので興味のある方は是非ビジネスホテルとチケットのセットプランを利用してみて下さい。料金も2000円から3000円とリーズナブルに宿泊が可能でサービスも充実していることから横浜のビジネスホテルが近年人気となっています。逆に、ラブホテルでは30分単位で利用できる短時間コースやパソコンの貸し出し、充電環境やWIFIなどビジネスホテルの様なサービス面で拘った所が増えています。横浜は100件以上のラブホテルが隣接する激戦区で有名ですが、差別化を図るため様々な特徴のラブホテルがたくさんあります。他県では見ることができない独特の構造やサービス内容を実施しているラブホテルがあるので、カップルでデートを堪能した後に探してみて下さい。さらに、横浜の駅の周辺にはビジネスホテルやラブホテルだけでなく飲食店や商店街など様々な施設が充実しているので泊まる場所が決まったら是非色々なところに足を延ばしてみて下さい。

横浜詳細エリアから探す


ホテルフリーワード検索

検索したいキーワードを入力してください。

ホテル詳細検索

探したい条件をチェックしてお探しください。 ホテルタイプ

料金

サービス


横浜全域のホテル一覧

横浜ってこんな街

横浜の観光地・名所

日本、西洋、中国と、各国の文化が混ざりあい活気あふれる街、それが横浜です。横浜港に面している「みなとみらい21」は博物館、ランドマークタワー、コスモワールド、赤レンガ倉庫などが点在し、横浜の中心的場所と言えるでしょう。海上交通船シーバスの夜便に乗って見る夜景は絶品で、交通だけではない魅力です。

横浜のオトナの遊び場

風俗街としては関東でも最大級の規模を誇る地域が「曙町」「伊勢佐木町」で、ファッションヘルスが数多く店舗を構えていることで有名です。横浜スタジアムや中華街にもほど近いのですが、横浜観光の拠点とも言える場所から離れていない地区に100近くの風俗店が並ぶ風景は圧巻と言えます。

横浜のグルメ

横浜で絶対に外せないグルメスポットは中華街です。セイロでホカホカに蒸し上げるブタまんは、そのサイズにまずビックリ! 具だくさんでジューシーな肉汁がたまりません。小籠包も具材が包まれた皮をそっと破ると、旨味の詰まったたっぷりのスープが溢れてくるんです。見た目から既に食欲がMAXに刺激されるグルメですね。

横浜のスポーツ観戦

日本プロ野球の横浜DeNAベイスターズの本拠地であり、アマチュア野球やサッカー、コンサートにも使用されているのが「横浜スタジアム」です。北区に位置する「横浜アリーナ」でもボクシングやプロレスのビッグマッチが開催されてきました。Jリーグの横浜FCのホームである「三ツ沢公園球技場」もあります。

横浜出身の著名人

演劇、音楽ジャンルに関してだけでも横浜出身著名人は枚挙に暇がありません。俳優では加山雄三をはじめ竹中直人、高橋克典、谷原章介、山口百恵、シンガーソングライターの小田和正、「ゆず」の北川悠仁、岩沢厚治2人とも横浜出身です。「歌謡界の女王」美空ひばりは女性として史上初の国民栄誉賞を受賞しました。

横浜の工業・産業

横浜港は、開港当初から昭和初期に至るまで特に生糸貿易港として発展した。その後、鉄鋼・機械類・油脂の輸入と、機械類・金属製品等の輸出を主とするようになり、現在では本牧埠頭、大黒埠頭、南本牧埠頭の三つの複合型コンテナ埠頭群が整備され、コンテナ貨物取扱や倉庫物流における経済の拠点として役割を担っています。