トップページ » 四日市・鈴鹿の彼女が好むラブホテル女性に優しいビジネスホテル

四日市・鈴鹿のラブホテル&ビジネスホテル

四日市と言えば観光地や産業施設周辺など至る処にビジネスホテルやラブホテルが隣接している地域です。また中京圏を代表する工場地帯でもあります。三重県の中で四日市は最も人口が多く、石油化学コンビナートを擁しています。四日市の石油化学コンビナートでは夜間に点灯する照明が周辺の海に反射し、幻想的な景色を見ることができます。周辺のビジネスホテルやラブホテルからも見ることができる場所もあるので泊まる場所をお探しでしたら口コミ等を是非ご利用ください。工場は全国にたくさんありますが、四日市の石油化学コンビナートの絶景で夜景の紹介サイトのランキングでも上位にランクインしています。この近辺には工場もたくさんあり、出張で他県からも多くの人が訪れます。また、交通機関が充実していることから周辺にはビジネスホテルやラブホテルが多いのも特徴で宿泊も容易にできます。近辺にはリーズナブルな料金で宿泊可能な施設がたくさんあります。観光の拠点に四日市のビジネスホテルに宿泊する方や、デートの帰りにラブホテルで休憩するカップルなど大勢の方が四日市近辺の宿泊施設を利用しています。電車やバスの本数も多く周辺にビジネスホテルやラブホテルが多いことから夜間に観光で訪れて先に夜景を見に行き、予約しておいた近くのビジネスホテルで宿泊し翌日から観光地を回る方もいます。若い世代にはラブホテルを利用した帰りに夜景を見に行くカップルも増えています。そして富田浜駅近くにある四日市港ポートビルは四日市港の開港100周年を記念して建てられた建物で高さ100mと三重県内でも最も高く14階の展望ロビー「うみてらす14」からは周辺の景色を一望できます。通常平日は午前10時~午後5時までしか利用できない展望室ですが毎週土日は夜9時まで開いており、この展望台からしか見ることができない絶景ですので、週末に周辺のビジネスホテルやラブホテルをご利用の観光客や恋人同士に人気があります。ビジネスホテルやラブホテルの隣接しているエリアからも徒歩圏内で行ける距離なので、幻想的な光に包まれた景色を眺める事ができるここはおすすめスポットです。他県と比べて四日市のビジネスホテルやラブホテルの料金が安いのにはびっくりしました。富田浜駅周辺は飲食店も充実しており、高級料理店からリーズナブルなお店まで多くのお店があり、ビジネスホテルやラブホテルの料金を抑え、浮いた分のお金でちょっといい物を食べるのもいいですね。何を食べるかで迷ったら四日市名物のトンテキがイチオシ☆彡ぜひ食べてみて下さい。

四日市・鈴鹿詳細エリアから探す


ホテルフリーワード検索

検索したいキーワードを入力してください。

ホテル詳細検索

探したい条件をチェックしてお探しください。 ホテルタイプ

料金

サービス


四日市・鈴鹿全域のホテル一覧

四日市・鈴鹿ってこんな街

四日市の観光地・名所

四日市市は幻想的な工場景観を堪能できる全国有数の工場夜景都市です。四日市港の開港100周年を記念して建てられた高さ100メートルの県内で一番高いビル「四日市ポートビル」の14階にある展望展示室"うみてらす14"は、地上90メートルの高さから四日市港の風景・鈴鹿山脈・名古屋方面まで一望できるスポットです。

四日市のオトナの遊び場

四日市市のスナック、クラブ、パブが集まっている歓楽街「西新地」は近鉄・あすなろう四日市駅からも徒歩10分圏内に位置します。かつては遊郭が存在し「春告園」「港楽園」と呼ばれて賑わった様で、現在は県庁所在地の津市を上回る規模で店舗が密集している三重県最大の歓楽街です。

四日市のグルメ

2013年、B-1グランプリ(B級グルメの全国大会)で10位に入賞した「四日市とんてき」。濃いソースの味と食べ応えのある豚肉が魅力の四日市の名物料理です。グローブ状に一枚肉の片側がつながっているのが特徴です。圧倒的なボリュームで、濃厚なソースが印象的なその味は一度は経験してみる価値ありです!

四日市のスポーツ観戦

ヴィアティン三重は、四日市市をはじめ三重県全域を本拠地とする、日本フットボールリーグに所属するサッカークラブでJリーグ加盟を目指し活動しているチームです。2012年に子供達の健全育成のための総合型クラブづくりを念頭に新設され2017年にJFLに昇格。ホームスタジアムが四日市中央緑地陸上競技場です。

四日市出身の著名人

四日市市の出身者には財政界人の名前が上がります。岡田卓也氏はジャスコ創業者でイオングループ名誉会長。渡辺捷昭氏は愛知県豊田市育ちでトヨタ自動車社長ですが、同四日市市生まれの人物。戦国時代からのルーツを持つ有力実業家の九鬼産業グループ総帥は「紋十郎、紋七」の名を受け継いでいます。

四日市の工業・産業

古くから四日市港を物流拠点として綿糸・紡績などの繊維工業が発展していました。戦時を経て昭和30年代に入ると旧海軍燃料廠が石油化学工業基地として活用され、わが国有数の石油化学コンビナートが形成され、高度経済成長期と相まって産業の基盤を築きました。近年はその景観を夜景クルーズ等の観光にも活用しています。