トップページ » 岡山の彼女が好むラブホテル女性に優しいビジネスホテル

岡山のラブホテル&ビジネスホテル

岡山の周辺にはビジネスホテルが多数あることから旅行の宿泊先に使われることも多く、ラブホテルも多いことからカップルの方で旅行に訪れる方多数いらっしゃいます。岡山と言えば5つの世界遺産だけでなく駅周辺を中心に様々な観光名所、ビジネスホテルやラブホテルなどの宿泊施設なども充実しており、歴史的な名所が多数あることで有名で国内外から毎年多数の方が訪れます。牡蠣の生産量は全国でも2位、マスカット・ピオーネや桃などでもの果物やおかやま和牛など食物が充実しており、岡山の旅館やビジネスホテル周辺の飲食店で食べることが出来ます。ラブホテルによっては外出できる場合もあるのでご不明な点は利用するホテルにお問い合わせください。岡山は日生と寄島の2か所が牡蠣スポットで1月ごろは旬でカキオコと呼ばれる牡蠣のお好み焼きで地元では定番の料理となっており、周辺にビジネスホテルやラブホテルがあり旬の時期に合わせて宿泊施設を利用して、祭りに参加する人も多数います。夏にはマスカットやピオーネ、白桃などのの果物が充実しており、お中元やギフトとして多くのお店で扱われています。そして岡山に訪れたらまず寄っていただきたいのが温泉街です。
通常温泉街と聞くと旅館や民宿などのイメージがありますが、この辺りはビジネスホテルからも近い距離にありラブホテルに寄って帰ることもできるので、日帰りコースを利用するのもいいですね。岡山県内に40ヵ所近くありますが中でも特に人気なのが蒜山の湯原温泉になります。ビジネスホテルから徒歩圏内でいけることからそちらをチェックインして日帰りコースを利用したり帰りにラブホテルを使用することで出費を抑えることもできます。そして訪れた人の多くが驚くのは岡山駅を降りてすぐのところに立つ巨大な桃太郎の像です。ビジネスホテルやラブホテルの名前にも桃太郎が使われたり地元の名物で吉備団子が販売されているので、売っているところを見かけたら是非買ってみてください。最後に岡山県でもう一つ有名な場所が倉敷のチボリ公園や美観地区となります。美観地区では世界的名画を集めた文化的施設も多数あり、県外からも大勢の方が訪れる人気の場所になります。距離も遠くなく、短時間でも楽しむことが出来るのでラブホテルの帰りや岡山のビジネスホテルに行く前に寄ってもいいですね。倉敷にも宿泊施設が多数ありビジネスホテルから徒歩で訪れるたり帰りにラブホテルに寄って帰ることが出来ます。全国的に有名な岡山のご当地グルメ「倉敷バーガー」を食べながら観光地を回るのもよし、ビジネスホテルやラブホテルに持ち帰って食べるのもいいですね。

岡山詳細エリアから探す


ホテルフリーワード検索

検索したいキーワードを入力してください。

ホテル詳細検索

探したい条件をチェックしてお探しください。 ホテルタイプ

料金

サービス


岡山全域のホテル一覧

岡山ってこんな街

岡山の観光地・名所

岡山と言えば日本三名園の1つである「後楽園」元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されています。約4万坪におよぶ広大な敷地は次々と景観を変え見どころがたくさんあります。新鮮な果物がその場で食べられる「フルーツ農園」でのいちご狩りやマスカット狩りは予約必須の人気イベントです。

岡山のオトナの遊び場

夜の歓楽街といえば「田町」が最大。キャバクラ・セクキャバ・スナック・ラウンジここに行けばどんなお店もそろっています。徒歩10分圏内のホテルも多数あり、アクセスが良好で風俗店以外にも大人の隠れ家的な飲食店が多いのも魅力。新店や老舗が混在する一大歓楽街となっています。

岡山のグルメ

フルーツ王国と言われる岡山は全国トップクラスの果物産地。岡山市は盛りだくさんの地元産フルーツを使用したパフェが食べられるカフェに注目! おしゃれなカフェが続々と出店され、各店に名物のフルーツパフェがあります。 観光よりむしろパフェの食べ歩きを目的としている人がいるくらい人気を集めているのです。

岡山のスポーツ観戦

岡山市には、バレーボールVプレミアリーグに所属する岡山シーガルズとサッカーJリーグ2部に所属するファジアーノ岡山というプロスポーツチームがあります。
岡山シーガルズはVリーグ機構の中で数少ない市民クラブチーム。地元スポンサー企業主催の子供バレー教室やチャリティー活動も盛んに行われています。

岡山出身の著名人

マラソン選手の有森裕子が有名ですが、24歳で亡くなった日本人女性初のオリンピックメダリスト人見絹枝も岡山市出身。100m、200m、走幅跳の元世界記録保持者であった。THE BURUE HEARTS の「甲本ヒロト」、お笑い芸人〝ブルゾンちえみ”も岡山市の出身。

岡山の工業・産業

マスカット・いちご・メロンなど果物の生産はもちろん、生産者が出来栄えを競う共進会が開催され、ブランド化を推進しているのが岡山市です。近畿と九州を結ぶ東西軸と、山陰と四国を結ぶ南北軸のクロスポイントに位置し、道路・鉄道・空路等の優れた交通アクセス網によって工業地としても企業を誘致し発展しています。