トップページ » 松山の彼女が好むラブホテル女性に優しいビジネスホテル

松山のラブホテル&ビジネスホテル

松山と言えば「道後温泉」を連想する人も多いでしょう。ゆえに泊まるなら温泉旅館という固定観念を持たれている人もいるかもしれませんが実はビジネスホテルやラブホテルも充実していて人気なんですよ。そんなラブホテルやビジネスホテルも案外、たくさんある松山市について、まずはお話させてください。愛媛県の県庁所在地であるこの市は四国で最大の人口を擁する地域です。その上、名所もたくさんあるので観光客も多く集まる街。それだけにホテルや旅館も豊富(ビジネスホテルが一杯の時にはラブホテルにまで観光客が泊まることもあるみたい)。そんな見どころ満載の街、松山でカップルに是非、デートで行って欲しいスポットを紹介しますよ。何度も言いますがラブホテルやビジネスホテルが充実した、ここ松山市でカップルにオススメしたい場所が「大観覧車くるりん」です。これは高島屋の屋上にある観覧車で、地上から85mもの高さまで上昇し、昼間は松山城や瀬戸内海、市街を一望できて見晴らし抜群。夜は綺麗なイルミネーションを見ることが出来、デートにうってつけのスポットです。この大観覧車「くるりん」に乗ったその日の夜はラブホテルやビジネスホテルのベッドの上で“ぬるりん”とプレイしてみては?すみません、意味の分からない下ネタをぶち込んでしまいまして…汗)。ラブホテルならまだしも、ビジネスホテルでヌルリンはないですよね…。気を取り直して、松山の名所をもう一つ紹介しますよ。それは「坊っちゃんカラクリ時計」。これは道後温泉本館をモチーフにつくられたカラクリモニュメントで、定時になると夏目漱石の小説「坊っちゃん」でおなじみのキャラクターが動き出し、時を告げるんです。そのまま、道後温泉に使ってマッタリするというのもアリですね。やはり松山へ来たら道後温泉に入りたいですよね。そして、夜はラブホテルやビジネスホテルで、彼氏の立派な坊ちゃんを…すみません、また下ネタをぶち込んでしまいました…。このように(どのように??)ここ松山には人気スポットがたくさんあり、観光客も多いのでビジネスホテルやラブホテルも多い訳です。そこで今回、私の独断と偏見によるイチオシのビジネスホテルを紹介しますよ。それが「ホテルアビス松山」。実はここ、外観から内観まで実にシンプル。でもポイントなのはお得なカップルプランがあること。これがセミダブルで無料の朝食、ドリンクバーが付いてる上に道後温泉の入浴券までセットになってるんです!さすがにこんな特典の付いてるラブホテルはないですよね。温泉に入った後、浴衣姿で彼氏を誘えば…きっとカレシの坊ちゃんがクルリンパするはず!すみません、最後まで意味不明な下ネタで…。このように松山なら温泉を始め、見どころ満載でビジネスホテルやラブホテルも多いからカップルで遊びに行くには適した街です。

松山詳細エリアから探す


ホテルフリーワード検索

検索したいキーワードを入力してください。

ホテル詳細検索

探したい条件をチェックしてお探しください。 ホテルタイプ

料金

サービス


松山全域のホテル一覧

松山ってこんな街

松山の観光地・名所

四国最大の都市で中四国では広島市、岡山市に次ぐ地方都市です。道後温泉や夏目漱石の坊ちゃんの舞台の街として有名な松山ですが、最近では書道パフォーマンス甲子園や俳句甲子園などが全国から注目を集めています。路面電車の坊ちゃん列車が市内を走っておりレトロな内外装が人気で地元民、観光客共に親しまれています。

松山のオトナの遊び場

松山で大人の社交場、歓楽街として有名なのは大街道というアーケード街から2番町界隈です。多くの飲食店から飲み屋が集中しており愛媛を代表する繁華街として地元だけではなく他県にも根付いています。また日中の大人も楽しめるアウトドアスポットとしては松山市野外活動センターやパラグライダースクールなどがあります。

松山のグルメ

松山で人気のB級グルメの一つはなべ焼うどんです。愛媛県のソウルフードとも言われておりその特徴は甘めの味付けとアルミ製のどんぶりです。また瀬戸内海に面している為、魚介類がとてもおいしい地域でありたこめしは松山の郷土料理の一つとして地元民から観光客まで広く親しまれています。

松山のスポーツ観戦

2005年にヤクルトスワローズの古田敦也が2000本安打を達成した球場である坊っちゃんスタジアム。スタジアムの入口には「の・ボールミュージアム」は愛媛県の野球史を中心に紹介する野球歴史資料館があり、県内でも高校野球が特に盛んで全国的に名を知られる強豪校も多いです。

松山出身の著名人

タレントの青田典子をはじめ、大森靖子、友近など。スポーツでは柔道世界チャンピオン中矢力や棟田康幸などの著名人を多く輩出しています。松山中学校に赴任していた夏目漱石をはじめ、松山を愛し終焉の地として選んだ種田山頭火など歴史上でゆかりのある著名人も多くいます。

松山の工業・産業

みかんに代表される農業や日本最古の道後温泉や松山城などを中心とした観光業が基幹産業である松山ですが、沿岸部には工業地帯が広がり帝人グループ最大の生産拠点であるなど工業生産額は四国地方で上位となっています。広島へはフェリーなどが頻繁に運行されており四国外との交流では広島が最も繋がりの深い都市です。