トップページ » 松阪の彼女が好むラブホテル女性に優しいビジネスホテル

松阪のラブホテル&ビジネスホテル

松阪と言えば三重県の伊勢湾に面した温暖な土地で交通機関に優れています。仕事で訪れビジネスホテルに泊まるサラリーマンの方やデートスポットを回って休憩にラブホテルに立ち寄るカップルなど多くの方が集まります。そして、グルメでは松阪牛や老伴や鈴最中などの最中も有名ですが、観光地として周辺には「松阪城跡」「宝塚古墳」「阿坂城跡」など国を代表する史跡や様々な遺跡や記念碑や資料館があります。付近にはビジネスホテルやラブホテルも沢山あるので、散歩感覚で気軽に観光名所へ訪れることが出来ます。中でも歴史を見ることができる松阪市文化財センターは観光名所として有名で、市内の古墳から出土した様々な埴輪の展示や勾玉を体験で作成するイベントが開催され子供から大人まで楽しむことが出来ます。近辺にはビジネスホテルだけでなくラブホテルもあるのでカップルでお越しの方にもおすすめです。体験イベントは人数に限りがありますが、短時間で体験することが出来るので、出張で周辺のビジネスホテルに泊まった際やカップルで観光名所を回った後にラブホテルで休憩をした後などの思い出作りに如何でしょうか?松阪城跡は歴史好きの方から人気があり、周囲には本居宣長記念館や宿泊施設が多数あります。予約無しで見学できるコーナーも沢山ありますのでビジネスホテルやラブホテルを利用した際は是非一度ご覧ください。また、観光名所だけでなくグルメでも有名な松阪は至る処で松阪牛を使った料理を食べることが出来ます。日本三大和牛の一つで肉の芸術品と呼ばれ、グルメやテレビの撮影など様々な方が松阪の料理を目当てに訪れています。それらの新鮮な食材を堪能できるお店が隣接しており、ビジネスホテルにチェックインしたあとやラブホテルで休憩した後に行くのもいいですね。駅近辺でテレビで報道される人気のお店もあるのでビジネスホテルやラブホテルを利用する際は是非ご当地で人気のお店をお楽しみください。松阪牛と聞くと高級食材というイメージが強いですが、地元ではリーズナブルな価格で堪能出来ます。松阪のビジネスホテルやラブホテルは他県と比べて料金が安いのが特徴となっています。ビジネスホテルやラブホテルの料金を抑え、浮いた分のお金でちょっといいお店で食事をとるのもいいですね。近辺には宿泊施設が多数あるので、ビジネスホテルにチェックインして近くの飲食店に食べに行くことや、ラブホテルで汗を流しまったりくつろいだあとの食事におすすめです。ご当地の新鮮な食材を使った料理を是非お楽しみください。

松阪詳細エリアから探す


ホテルフリーワード検索

検索したいキーワードを入力してください。

ホテル詳細検索

探したい条件をチェックしてお探しください。 ホテルタイプ

料金

サービス


松阪全域のホテル一覧

松阪ってこんな街

松阪の観光地・名所

松阪は江戸時代に商業の町として栄え今も城跡や武家屋敷が残りレトロな風情が漂う城下町です。広大な敷地の「松阪農業公園ベルファーム」のバラの時期のイングリッシュガーデンは必見! 地産の新鮮な野菜や卵や松阪牛をはじめ特産品を手ごろな価格で入手可能出来る場所です。

松阪のオトナの遊び場

松阪市の歓楽街と言えば松阪駅から徒歩10分圏内の「愛宕町」です。数多くのスナック、ラウンジ、キャバクラといったお店が並んでいます。その昔は遊郭があった場所ですが、現在はソープランドの店舗はありません。その代わりに風俗の営業はデリヘル店がメインとなり、バリエーションも豊富になっています。

松阪のグルメ

三重県の中南部に位置する松阪市。松阪市の名産といえば何と言っても「松阪牛」。日本全国、松阪牛を食べられるお店はたくさんありますが、せっかくなら本場・松阪で食べてみたいもの。元祖松阪肉のお店とされる「和田金」は明治の創業以来130年余りになる老舗の名店です。

松阪のスポーツ観戦

松阪市の繁華街愛宕町には、注目のカフェ&スポーツバーがあり、最新のゴルフシミュレーター、ダーツ、アクアリウムで楽しめます。パブリックビューイングイベントがあるときには大型のゴルフシミュレーターが観戦用スクリーンに早変わり! おいしい食事やアルコールがさらに場の雰囲気を盛り上げます。

松阪出身の著名人

世界的に評価の高い名映画監督小津安二郎は、多感な青春時代の約10年間を松阪で過ごしています。監督の人生に影響を与えた地域として松阪市には小津安二郎青春館が建てられました。また、女子高生のカリスマと言われている大人気歌手である西野カナも松阪市出身なのです。

松阪の工業・産業

明治初期、肉食の風潮は文明開化のシンボルとされ、それまで農耕用だった牛が肉用に振り向けられるようになりました。農耕に3~4年使われた牛を「野上がり牛」として1年間肥育「太牛(ふとうし)」として供給し、良品質の牛肉をいち早く東京に販路を拡大したのが松阪牛のブランド化の始まりです。