トップページ » 飯塚の彼女が好むラブホテル女性に優しいビジネスホテル

飯塚のラブホテル&ビジネスホテル

はじめまして。僕はラブホテルやビジネスホテルに泊まって個人的に研究をしている男です。同時に旅行も大好きで全国津々浦々、観光やホテルを満喫しています。そこで今回は福岡県は飯塚市を取り上げてみたいと思います。ここ飯塚にも良いビジネスホテルやラブホテルはたくさんあります。というか、なぜこの街なの?と疑問に思った人もいますよね。福岡なら博多とか久留米とかの方が注目されます。だからこそ、飯塚なんです!穴場と言ったら失礼にあたるかもしれませんが、ここには観光地やグルメが盛りだくさん。もちろん、ラブホテルやビジネスホテルもイイ物件が揃ってます!僕はこうしてビジネスホテルやラブホテルを研究しているだけに、もし皆さんが飯塚へ旅行する際はラブホテルやビジネスホテルに泊まって欲しいと思っております。さて、この地には「旧松喜醤油屋」、「旧伊藤伝右衛門邸」、「忠隈古墳」など貴重なスポットが充実!こうした歴史ある名所もいいですが個人的には「飯塚オートレース」なんて楽しいと思いますよ。旅行をワンランク上に、ビジネスホテルやラブホテルのグレードアップを目指して一発勝負!なんて、どうでしょうか。もしも大勝ちしたらビジネスホテルやラブホテルのランクを上げてより良い宿に泊まるも良しですし、食事を豪華に、贅沢にするのもいいですよね。そこで飯塚市の美味しいグルメにも目を向けてみましょう。ここでは安くて旨い名物を紹介しますよ。それがホルモン!この市は炭鉱の町で古くから安くて美味しいホルモンがよく食されていました。この伝説的な味や文化を継承しつつ、新たなホルモン料理を開発し、ご当地グルメとして話題になってるのが「飯塚伝説ホルモン」なんです。色んなお店で工夫をこらした激旨ホルモン料理を食べられますから。ということで今度は男性ホルモンも女性ホルモンも抑えられなくなるラブホテルやビジネスホテルの話題に。常々、ビジネスホテルなどの研究をしている僕が下手なところを紹介できないというプレッシャーはあるのですが、今回はビジネスホテルでなく、個人的に気に入ってる飯塚のラブホテルを紹介しますね。それが「HOTEL森の湯woods」。ここは和の伝統美と現代アートが融合したホテルで、客室も現代的なオリエンタルデザインになっています。でも、一番の特徴は名湯・伊川温泉(天然ラドン温泉)の湯を全室で楽しめること。また部屋によっては開放的な屋外バスもあり、満点の星空を眺めながらマッタリできますよ。この飯塚で人気のラブホテルで女性をもてなせば、絶対に喜んでもらえますよね。長年、ラブホテルやビジネスホテルを研究している僕がオススメの宿から飯塚の魅力などを伝えてきましたが、いかがでしたか。

飯塚詳細エリアから探す


ホテルフリーワード検索

検索したいキーワードを入力してください。

ホテル詳細検索

探したい条件をチェックしてお探しください。 ホテルタイプ

料金

サービス


飯塚全域のホテル一覧

飯塚ってこんな街

飯塚の観光地・名所

飯塚市は福岡県の中央部に位置し、古くから人が住み栄えてきた町です。縄文・弥生時代・古墳時代の遺跡から出土品が多く見つかり、当時から有力な集落が存在したことが分かります。明治時代に入ると筑豊地域では石炭産業が栄え、その長い歴史の変遷が「飯塚市歴史資料館」にまとめられています。

飯塚のオトナの遊び場

全振連の〝元気のある商店街100”にも選ばれた「本町商店街」は、かつての長崎街道飯塚宿の街道筋がそのままアーケードになった広域型商店街。新飯塚駅に降り立った来街者は誤解しがちですが、飯塚の夜の遊び場の中心は新飯塚駅から徒歩10分と少しの遠賀川の向こう岸にあります。

飯塚のグルメ

多くの人に親しまれている「銘菓 ひよ子」。東京のお菓子と思っている人も多いのですが「ひよ子」は飯塚の生まれです。炭鉱で栄えた飯塚で炭鉱労働者の空腹を満たす甘いお菓子として誕生しました。「ひよ子本舗吉野堂 穂波工場」があり事前の予約で工場見学もできます。

飯塚のスポーツ観戦

「飯塚オートレース場」は全国に5場あるオートレース場の1つです。森且行選手はトップアイドルから転身し人気と実力を兼ね備えた代表格の選手。イケメン選手や女子選手が次々と頭角を現しています。ブレーキの無いバイクが平均時速100㎞以上で疾走するスリリングな競技が飯塚で楽しめます。

飯塚出身の著名人

伊藤伝右衛門は、飯塚の貧しい家計から一代で明治の炭鉱王と呼ばれた人物。大久保利通や吉田茂といった人物が名を連ねる名家出身の政治家「麻生太郎」も飯塚市出身です。最近では女優の「肘井美佳」がいます。パチンコの名機として有名な〝GARO”のカオル役と言えばすぐに思い当たる方も多そうですね。

飯塚の工業・産業

明治には石炭発掘が国の基幹産業となりました。飯塚市周辺一帯は筑豊炭田と呼ばれ地域の中心部となり、全国各地から多くの炭坑労働者が移住し人口が急増しました。現在は近畿大学や九州工業大学が飯塚にキャンパスを置き、 情報産業都市を目指し大学と連携して先端産業の育成を図っています。